ページビューの合計

7717 V テクノロジー

 今年春のM&A効果で来期貢献の大口受注ラッシュ。
大きなリスクは中国景気後退。中国関連。2016年3月期、当社の中国向けは70%を超える見通し。
.
  •  .✤
  • 2015/12/29
  • 昨日は危うく手を出しそうになった。日中足でジリッジリと上げ足を固めてきたからだ。今朝はなぁーーんと急落。4360円▼180円(9:06)安値更新。地合いはそんなに悪くはない。固有の動きの一環だ。
  • 再INするにも、今しばらく見送り。週足レベルでの上げ足確認後だ。

  • *2015/11/18
  • 良い意見なので転載
  • ・少し様子を見てから「空売り」で参戦したいと思います。
  • 大口受注は結構ですが、ほとんどが中国の液晶メーカー関係と言うのが懸念事項です。
  • シャープやジャパンディスプレイの苦戦を見ても分かる通り、世界の液晶市場は、足元でも飽和状態。にも関わらず、異常なまでの中国の大増産計画が目白押しです。もう何本か大口受注が続くことは間違いないでしょう。
  • http://flat-display-2.livedoor.biz/archives/46919694.html
  • ただ世界的に液晶パネルの相場は倍速で降下しており、かつての半導体や太陽光パネルの凋落を彷彿とさせます。中国そのものの変調も懸念事項ですが、来年にでも中国液晶の大幅な供給過剰が必ず露呈します。まさか急なキャンセルはないでしょうが、かなり無理なことを言って来る可能性は否定できません。Vテクさんの技術は本当に素晴らしいとは思いますが、液晶以外の分野での受注が広がるまでは様子見と空売りを繰り返したいと思います。
  • 2015/11/09
  • 高精細化・大型化が進むスマートフォン向け有機ELディスプレーの画質をフルハイビジョンの4倍の『4K』に高める超高精細蒸着マスク(原版)「FHM(Fine Hybrid Mask)」を開発したと正式発表したことが買い材料視された。わずか6インチのディスプレーに横3840ドット×縦2160ドットの4K表示を実現した。

04/06 09:19ブイ・テクノロジーが続急伸、「有機ELの画質を4Kに高める製造技術を開発」
.............................................................................................


■連結業績

上段:売上高(百万円) 下段:経常利益/純利益(百万円)
決算期売上高
 (百万円)
営業利益 (百万円)経常利益 (百万円)純利益 (百万円)一株利益       (円)
2011/03(実)18,8352,4042,3541,58033,822
2012/03(実)13,6825335973287,017
2013/03(実)3,662-1,142-1,105-834-
2014/03(実)13,2635514522365,055
2015/03(実)16,4568621,053533113
2016/03[会社予想]30,0002,2002,0301,040220
2016/03[Quick予想)31,2502,3502,2151,175249
2017/03[四季報予想)36,0003,2753,0002,000423
2017/03[Quick予想)40,0003,5753,4251,900402

.





.......
発行済株数
わずか480万株
..........................................................................................
g201601/10時点での固定チャート。直前の山は9週賭けて高値をつけ12週目に下値をつけました。今回の山も9週目に高値をつけて下降に入りました。先週まではまだ5週目なのので後7週目までの3月くらいまでは手を出さないほうが良いと思えてきました。兜山の後の山は大した山ではなかったようです。26週線で跳ね返されるべきタイミングで中国関連の不安で下方に切り込んでしまいました。




.中国液晶工場投資状況
グループ拠点世代生産能力量産開始投資額
BOE成都4.5G45kS/月2010
BOE北京5G1002005
BOE成都6G452017/2Q220億RMB
BOE重慶8.5G902015/3Q
BOE福州8.5G120300億RMB
BOE合肥10.5G902018/3Q400億RMB
CECバンダ成都8.5G280億RMB
CECバンダ南京6G83
CECバンダ南京8.5G902015
Century D深圳5G98200815億US$
CSOT武漢6G302016/4Q160億RMB
CSOT深圳8.5G20→602012
HKC重慶8.6G2017120億RMB
(鴻海)河南6G貴州
Info Vision昆山5G1202006
Tianma上海4.5G402008
Tianma成都4.5G302010
Tianma武漢4.5G402010
Tianma上海5G802004
Tianma武漢6G
Tianma厦門5.5G30
Tianma厦門6G30120億RMB
Truly汕尾2G50
Visionox昆山5.5G82015
AUO昆山6G3017億US$
CPT福建6G120億RMB
LGD広州8.5G60→1202014/Sep40億US$
Samsung蘇州8G55→(75)2014/Oct10億US$
(RMB 1元=約19.9円)
.*






................................................................................




11/26 15:12Vテク---4日続伸で年初来高値を更新、有機EL関連として思惑
11/17 14:55Vテクが後場急伸、海外大手液晶パネルメーカーからカラーフィルター用露光装置を総額40億円で受注
11/09 13:07Vテクが後場急伸、海外大手液晶パネルメーカーからカラーフィルター用露光装置を総額70億円で受注

10/15 11:21Vテクが反発、中国に技術拠点開設と報じられる


09/29 13:05Vテクが後場プラスに転じる、海外大手液晶パネルメーカーから大口受注を獲得

09/24 16:31Vテク---後場急伸、大口受注の発表で

09/16 13:25Vテクが急伸、光配向用露光装置が大手液晶パネルメーカーに採用
2015/04/22
 Vテクが続急伸、日本精工子会社であるNSKテクノロジーの全株式取得を決定
 ブイ・テクノロジーが続急伸し、昨年10月上旬以来の3000円台に乗せてきた。21日の取引終了後、日本精工100%子会社のNSKテクノロジー(NTK)の全株式を6月1日付で取得し、完全子会社化すると発表しており、これを好感した買いが入っている。
 NTKは、11年に日本精工のフラット・パネル・ディスプレー(FPD)製造用露光装置事業が分社され、設立された会社。今回の子会社化では、NTKの発行済み株式4000株全株を20億円で取得し、完全子会社化するというもので、NTKの手掛けるFPD製造用露光装置事業とVテクの手がける光配向プロセス向けの露光装置事業を統合し、さらなる経営効率化と競争力効果を図り、両事業の価値最大化を目指すとしている。
Vテクの株価は9時31分現在3000円(△217円)

2015/04/07
 画質を「4K」レベルに高める製造技術開発を材料に、急速人気化の方向をたどっている。同社は超高精細蒸着マスクを開発し、これを4月 8 日から 10日まで東京ビッグサイトにて開催されるファインテックジャパンにサンプル出展する予定でこれを材料視する買いを呼び込んでいる。株価は中長期トレンドでも注目場面。2000円台前半で底練りを続けていたが、13週・26週移動平均線のゴールデンクロス接近で市場関係者の視線を集めている。
Vテクの株価は10時35分現在2810円(△190円)



























  •  .                                                ✤.......
  • 今期【予想】
      
    決算期売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日
    2012.0313,6825335973287,017.23,75012/05/08
    2013.033,662-1,142-1,105-834-17,8242,50013/05/10
    2014.0313,0754074352235,055.02,50014/05/13
    2015.0316,4568621,053533113.437.515/05/11
    予 2016.0326,0002,0001,850950201.05015/05/11
    前期比+58.02.3倍+75.7+78.2+77.2(%)
    新 2016.03   30,000   2,200    2,030    1,040    220       50 15/11/10
    修正率+15.4+10.0+9.7+9.5+9.5(%)
       中国におけるFPD 関連設備投資の活発化等が背景。





.....................................................................................................................................................
過去14年間業績推移
2015/11/10-------本日が3Q公表日
*2015年3月期は大幅増収増益を一転大幅減額修正した経歴の持ち主。要注意

*拡大は画像をクリック



















































p