ページビューの合計



  •  
  • .2016/06/30
    しかし、福井コンピュータもVテクノロジーも、平田機工も上がったなぁぁぁぁぁ






 

 

  
 
 

****

英EU離脱騒ぎの余震

  • ...
    ..
    ...........................................................
    2016/07/01
    騒ぎの震源地イギリスが世界に先駆けて年初来新高値に。
    6,360 +219(3.5%)  



...........................................................

2016/06/30
EU離脱ショック安の震源地イギリスが世界に先駆けて全値戻しという”異常?”事態に。














.ポンド/円






















...........................................................
2016/07/01
戻りの鈍いN225。余波を食らってぬかるみ途上。











基軸通貨のドルの需要高まる

  • ...





    ............................      ........
    ............................................................
    日銀は28日午前、英国が欧州連合(EU)離脱を決めてから初めてドルを供給するオペ(公開市場操作)を実施した。金融機関から14億7500万ドル(約1500億円)の応札があり、全額を落札した。日本国債の格下げなどの影響があった2014年末実施の同オペ(15億2800万ドル)以来の規模となる。。 

    ...................      ........
    ............................................................
    23日の英投票でEU離脱が決まり、世界の金融市場ではドルを確保する動きが強まった。日本の金融機関はマイナス金利政策も背景に外貨建て投融資を増やしており、ドル需要が根強い。国内の金融機関や企業が市場でドルを調達するコストは一時、11年の欧州債務危機を上回る水準に上昇した。







.*マイナス金利でもドル調達には高いコストがかかっている。


2016/06/28
市場の混乱を受け金融機関が基軸通貨のドルを確保する動きが強まっている。













*ソロスは英国民投票前はポンドを買い持ちしていた。明らかに見通しに反する結果になった。
ポンド意外の利益でしのげたと公表しているが、負け惜しみ的に聞こえる。
今度はドイツ銀行を空売りしていると公表したが(700万株約110億6000万円)、おそらくこのアナウンスで更に下がったらポジションを閉じようとしているのであろう。
しかしスケールが小さくなったものだ。
逆に、世界的な銀行株の大きな反騰がやってくるのかも。...........................      ........

............................................................

嘘つきソロス。しかし、非難はできない。そうでなければ、あの巨額の資産を一代で築けるわけはない。...........................      ........

ソロス:
「私の60年間の経験によれば、英ポンドは急落する」
「もし離脱となれば、少なくとも15%、場合によっては25~30%急落しよう」
ソロス警告;24日にはブラックフライデーも」。
 1992年に英中央銀行のイングランド銀行を相手にポンドを売りまくり、英中銀に勝った男として名を馳(は)せた。それだけに、当然、今回もポンド売りを仕掛けたと市場では見られていた。








































半導体株指数は年初来高値

・2016/07/18

下値支持線を切ったから下げトレンド入りと思ったら,そこが底。更に年初来高値を更新した。もう、どうにも、先がわからない。

・2016/06/28

反応が遅れていただけ。下値支持線を割ってきた。

・2016/06/26

イギリスのEU離脱で世界同時株安であるが、どういうことか、半導体株指数は年初来高値をさらに更新してきた。

イギリスEU離脱優勢で円急騰

円相場が午前11時半過ぎ、1ドル=99円台を付けた。

舛添は首にするべき


*せこいし、イサギ悪いし、空気が読めない。土壇場でもお行際が悪すぎるし、救いようがない。辞任しない、厚顔無恥なんだから、リコールするべきだ。

  • ...............................................................................................................................


日本は恥を知る文化だが、首都首長はそうではないようだ。首しか無い。





イノテック9880

 半導体部品商社販売業からソリューションビジネスへ脱皮
..














*将来像
*IoT社会
最適アルゴリズムソリューション
ビジネス
*最適アルゴリズムを軸としたコンサルティングという、従来になかった高付加価値なビジネスモデルを確立





*2018年3月13日2:00
     日本経済新聞 電子版
 【7割増益】イノテックの2019年3月期の連結営業利益は、今期予想比7割増の18億円程度になる見通しだ。営業増益は2期連続。半導体の需要が引き続き拡大し、利幅の厚い半導体検査装置が伸びる。半導体や電子部品の仕入れ販売も好調を維持する。 今年2月時点の18年3月期の業績予想は、売上高が前期比3%減の280億円、営業利益が5%増の10億円。子会社の業績好調を反映し、予想を上方修正した。 来期の売上高は今期予想並みの280億円程度になりそう。17年11月にハードディスクドライブ(HDD)の販売部門を譲渡した影響が出る。 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及、データセンター向け投資の増加で半導体の需要は来期も強い。これを追い風に半導体の検査に使う「プローブカード」が、半導体メーカー向けに伸びる。採算がよく、利益押し上げに貢献する。自動車の電装化で、半導体の設計受託も好調だ。



*2018年3月13日
     四季報オンライン
 【好採算NANDテスター復調。19年3月期は3次元NAND用に加えCMOSテスター復調。車載ソフト順調。前期HDD事業売却で採算改善。営業益続伸。今後2年間で自己株式取得し連結自己資本を200億円程度まで圧縮計画。中長期でROEを8~10%へ向上目指す。19年3月期は大幅増益を予想

*18/02/07 
*発行済株数=1800万株に対し
14%の自社株買い発表

  • 1)取得株数=250万株
  • 2)取得金額=20億円
  • 3)期間
  •  =18/02/08~18/11/30**原稿
  • *自己株式保有数は発行済株式総数の 10%以下の方針なので今後消却が行われる。
  • **58万株を17/12/31時点で保有中。そのため計300万株に達するため120万株程度が消却される計算になる。

    • 【自社株買いの効用】
    • 自社株買いやM&Aはそれ自体が新たな設備投資ではないから、収益の供給力を増やさず(直接的には)成長に資さない。株式市場においては中・短期的な押し上げ要因にはなる。
      2018/06/10
    .........................................................

*自己資本が240億円程度あるため(18/02/07時点)今回自社買いとは別に、後20億円程度の自社株買いが連続実施される計算にもなる。

*資本政策の見直しと株主還元
商社事業の縮小、ソフトウェア関連の子会社の業績拡大により、運転資金需要を含めた営業キャッシュフローの改善が見られる。これの株主還元を実施方向。


ﷴ﴿

2018年2月7日

「イノテックグループの資本政策に関する基本方針」策定に関するお知らせ(補足説明資料)

事業の選択と集中を進めている様子があり、事業構造の変化とともに業績の再拡大

配当方針
配当性向、総還元性向 連結配当性向 30%を下回らないこととするが、急激な業績変化等がなければ 50%程度を目安とする。 また、自己株式取得を機動的に行う。

  • *今後2年間を目途に自己株式取得により連結自己資本額を 200 億円程度まで削減する。
  • *自己株式保有数は発行済株式総数の 10%以下を目安とし、適宜消却を検討する。

  • 【目標株価】ROEを8~10%を目標とするわけだから、今期1株当り資産が1370円なので1株当り利益は109円~137円が目標ということ。これに、発行済株数1800万株に対して2年間で28%程度の自社株買いをやるわけだからそして適宜消却もやるわけだから、その分実質1株利益は更に増加する。一方、自己資本圧縮に伴い1株当り資産も減るわけだが、期間純益も積み増されるのでそこら辺も留意しながら予想株価を弾くとPER16倍まで先取りすれば2000円程度になる。




メーカー機能も備える技術商社。半導体設計ツールと電子部品。米インテル製品を販売。


 *イノテックグループは、同社、子会社8社及び関連会社1社により構成され、半導体設計及び電子部品に係る製商品の開発、販売を主たる業務とし、さらに各事業に関連する物流管理・市場調査等の事業活動を行う。半導体設計事業は、主に米国ケイデンス社製半導体設計用(EDA)ソフトウェアの輸入販売、自社開発の半導体テストシステムの開発、販売を行う。そのほかに同社エンジニアによる特定用途向け集積回路(ASIC)の受託開発なども行う。

1子会社
三栄ハイテックスは、主に大規模集積回路(LSI)の受託設計及び人材派遣による設計支援を行う。三栄ハイテックスはアナログ設計のエンジニアを多数有し、特に電源や音源関係に強みを持っている。
2子会社
レグラスは、高い画像処理技術を有し、主に同技術を中心とした、システム開発、画像処理IP、ASIC、FPGA、ミドルウェアの設計を行っている。
3子会社
ガイオ・テクノロジーは、組込みソフト開発検証ツールの開発、販売、保守及びエンジニアリングサービス、技術者派遣を行っている。同社は、主にノイズ解析サービス及び設計コンサルティングを行っている。

電子部品事業
先端技術を有する電子部品を世界中から発掘し、同社グループのエンジニアリング力とあわせて顧客に紹介、提案することにより付加価値のあるソリューションを提供。主にHGST社製ハードディスクドライブや米国シリコンイメージ社製高解像度マルチメディアインターフェース(HDMI)チップ、米国インテル社製CPU等、顧客のニーズに応じた各種半導体デバイスの販売を行い、そのほかに自社製品である組込み用途向けCPUボードの開発、販売等も行っている。
4子会社
るアイティアクセスは、主に組み込み用途向けのオペレーティングシステム(OS)やブラウザ等のソフトウェア販売及び受託開発を行って、デジタル家電やOA機器向け等実績を有する。ならに、
5海外子会社であるINNO MICRO HONG KONG LTD.(香港)、INNO MICRO (SHANGHAI) LTD.(上海)およびINNO MICRO SINGAPORE PTD. LTD.(シンガポール)3社は同社が取り扱う電子部品の現地での販売及び市場調査等を行って、顧客の海外展開に対応するために設立された。

  • 発行済み株数僅か18百万株
  • 配当 7円✗2(年間14円)
  •  ・BPS=1,336円
  • FPGA、FOMM
  • 半導体商社はどこも万年 
  •  PBR。企業の財務価値よりも,人気次第で株価が形成。








変化する顧客企業と市場を見据え、株主様のご期待に株価で報いるために次の成長のための布石を打ちました。代表取締役社長 小野 敏彦








....................................
日足3ヶ月



*7割増益
・*

  • **
*
・**

  • *BPS(円) 
    <連17.12>  
    1,372 (←1,367) 
  • *ROE=3.4%を
  • 8~10%へ。
    そのことは1株利益が137円を目指すということ。
  • 純益は20億円が目標となる(目標株主資本=200億円)




2018/05/10
2019/03期は65%の増益予想
2018/03/13
今期(2019/3)70%増益報道
2018/02/07
自社株買い
 250万株
2018/11頃
もう一回の自社株買い 250万株
2018/05/10
前期さらなる上積みで年30円配当に。今期は更に増配し年40円へ。
2017/08/18
自社取締役に対して譲渡制限付株式報酬としての自己株式の付与
・自己株処分価格
 680
・株数
 1.5万株
・制限期限
 2024年

2017/11/08    期末配増配
(8円➔10円)
[合計15円➔20円]
2017/11/08
中間配増配
(7円➔10円)

2017/09/12
株式会社レノ  135万株取得
2017/08/29
CVP資本業務提携
・Madison Investmentと日本投資株経由で
167万株取得


  • CVP資本金1香港ドル
  • 取得会社もCVPオーナの個人持ち株会社。怪しい。





.  
2017/12/06
東証信用規
  • **














*比較 日邦産業(部品商社)9913 
     1年チャート
*チャート画像
日足9ヶ月

週足5年

20年チャート



 【目標株価のローリング】18/05/12
①今後2年間をめどに自己資本額を200億円まで圧縮する。
②2年間で発行済1800万株に対して28%の自社株買いと消却
 ➔発行済株数1296万株
③1株当資産=①÷②=1543円
④ROE=1株利益÷1株資産
⑤2年後(2019年度:2020/03期)の1株利益
  1株利益=1株資産☓ROE(8~10%)
       =123円~154円
⑥配当性向50%なら
  1株配当=61円~77円
⑦2018年3月期のROE実績=2.9%
            (=41円÷1396円)


*履歴
__
18/07/101,422ヤリ
18/07/061,384ヤリ換金
18/07/061,382ヤリ見切り
18/06/281,392ヤリ冷やかしミス精算
18/06/271,389カイ冷やかしミス
18/06/201,400ヤリ換金売り
2018/06/111,370カイ
2018/06/111,415カイ
2018/06/111,435カイ
2018/06/111,450カイ
2018/06/011,418カイ
2018/05/111,520
ヤリ
好材料後の寄り付きで1単位売却。乱高下し大幅高後引けはマイ転。
2018/03/201,290カイ
2018/03/191,310カイ
2018/03/161,365
カイ
2018/03/151,340カイ
2018/03/131,350カイ
2018/03/131,360カイ
2018/03/131,370カイ
2018/03/13
1,380カイ
2018/03/131,390カイ


*
19年度大幅増益
-【業績予想とコンセンサス】       百万円
2019/3予想
売上
営業益
経常益
純益
備考
会社計画
35,000
2,500
-
-
中計最終年度
会社修正30,0001,9002,0001,25018/05/10
コンセ楽天
前)18/3期
30,600
↗29,150
前)28,350
2,260
↗1,950
前)1,100
2,360
↗2,000
前)1,150
1,600
↗1,320
前)730
18/07/12
↗18/03/12
コンセ四季
29,0001,5001,6001,10018/03/16
 
*
投資の初心回帰
-【需給要素】       

発行株数万株
時価総額億円
テーマ













1,800
万株
247
億円
・半導体関連
・自社株買い

18/03/13
 


2017年09月12日 5%ルール大量保有報告書
レノ(保有株買い増し) 5%ルール大量保有報告書 イノテック(9880)-株式会社レノ(保有株買い増し) 5.68%→7.41%
・平成29年9月12日受付 発行会社:イノテック(9880) 提出者:株式会社レノ
・ 共同保有者
 (1) 株式会社レノ
 (2) 野村絢 1,350,500株
保有目的:投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと
 備考:野村絢氏は旧村上ファンド運営の村上世彰氏の長女

*中計進捗等「計画の最終年度である
2018年度の後半には、新事業によるプラスの成果をご報告できる見通し」

◉18/03/13
 本日未明に流れた日経電子版の記事で急騰。今期7割増益と。
現在発行済株数の14%もの自社株買いを実施中。もともとわずか1800万株の発行数。
*18/03/07
決算はいいみたい。四季報オンラインで、16日発売の四季報の中から、サプライズ決算銘柄に選ばれている。


















 *譲渡制限付株式報酬
(役員向け)

   ・ 譲渡制限期間
     平成29年8月18日
        ~平成34年8月18日
 
 ・管理会社=野村證券


2回目
18/08/18?
 IRあるとすれば
 07/20頃
 xxx 円

1回目
17/08/18
680 円


  • 2019年以降の計画(想定)

    次期中計(最終年度2021年度)

    売上高500億円
    営業利益50億円

    1*

    成長を狙って先端技術の取り込み

    潤沢な自己資金でM&A

    ・2012年4月には、LSI設計の高集積化では付き物の高周波ノイズを解消する、解析と対策のコンサルティングサーヒ゛スを手掛けるキ゛カ゛ヘルツテクノロジー社に資本出資⇒その後吸収合併済。
    1*

    グループシナシ゛-の強化と組織構造改革の完了

    新しいビジネスモデルに挑戦
    1*

    グローバル
    潤沢な自己資金でM&A

    ・2013年3月に台湾STAr社に資本出資、4月に駐在員事務所を台北に開設
    1*

    株価の向上を約束

    新しいビジネスモデルに挑戦

-->【収益比較】修正原稿
売上営業益経常益純益1株益PER株数時価総
イノテック
500502021年度 目標
29119.520134034倍1,8212482019年度 目標 2018/03/16時点
一工薬
67060362020年度 売上修正
75060362020年度 目標
705472019年度 目標
5784038254916倍5,3424242018/03/16時点
5784038254917倍5,3424632017/11/05時点
保土ヶ谷38237372025326倍8415542017/11/05時点
小野社長の生い立ち(富士通出身)
  • 2008年04月22日 週刊東洋経済
    富士通幹部が突如辞任。背後に偽造手形騒動
  • 富士通で異例の幹部交代があった。半導体の新子会社・富士通マイクロエレクトロニクスの社長で、本体の副社長でもある小野敏彦氏が8日に突然辞任したのだ。不振の半導体事業再生を担い3月下旬に会社を設立してわずか19日目での交代。富士通は同日、富士通マイクロの岡田晴基取締役を昇格させる人事を発表、小野氏については「一身上の都合。詳しい理由はわからない」とした。辞任劇の背景に浮上するのは、ある偽造手形騒動だ。松下電工の関連会社などを振出人とする偽造手形が西日本を中心に流通。額面は500万~5000万円で、総額は数億円に上るとみられる。問題の手形の多くで受取人となっているのは「科学技術教育協会」という都内の財団。実はそこの理事長が小野氏なのだ。しかも、富士通によると、小野氏は会社に無断での就任。財団では手形不渡り歴のある九州出身の経営者がなぜか理事に就任するなど、不審な点が少なくない。財団事務局によると、小野氏は昨年9月、前任者が任期途中で辞めた後任として就任。教職員退職者が理事の過半を占め、教職員向けパソコン検定試験を主要事業とする財団で、電機メーカー幹部がトップに就くのは初めてだった。が、どのような経緯で小野氏が財団と接点を持ったかは不明。理事の1人は「わからない」と繰り返すだけだ。提携交渉の真っただ中不可解な点の多い小野氏の辞任は、富士通の戦略にも影響しかねない。同社は次世代半導体の開発提携で、東芝・NEC陣営と韓国サムスン電子陣営のどちらに参加するか選択の瀬戸際にある。開発負担を軽減できる提携は、赤字が続く富士通の半導体には喫緊の課題だ。小野氏はこの提携交渉の最前線に立ち、かつて自らが提携を破談にした東芝とあらためて交渉を重ね、先月には韓国にも足を運んでいた。東芝派、サムスン派で二分される社内をまとめるうえでも、リーダーシップを握る小野氏の存在が重要だった。後任の岡田社長は14日の就任会見で「辞任による社内外の動揺は収まった。戦略に変更はない」と強調。が、社外では、今夏にも決着を目指していた交渉に影響が出ると懸念の声もある。会社側によると、小野氏に退職金を支給するかは未定だという。
  •  
  • 当時は辞任の理由を「一身上の理由」としか説明されていなかった。そして迎えた株主総会(6月23日)である。 席上、異例ともいえる副社長辞任の真相が公表されたというのだ。 「一身上の都合で辞任したのではありませんでした」に詰め掛けた株主の多くは「何事だ」と驚いたという。 黒川博昭社長(64)=総会後に相談役=は手形偽造問題に関係した財団法人「科学技術教育協会」の理事長を小野氏が兼務していた事を公表。これは看過できないというのだ。 質疑応答の中で黒川社長は株主にこう説明したという。 「小野副社長が会社に無断で財団の理事長に就任した事、会社の規定の手続きを踏まなかったこと、また、財団が偽造手形問題に巻き込まれていたと指摘。小野氏に辞任を求めたところ、謝罪し辞任届けを提出した。だから本人が主張する解任には当たらない」と。 なぜ、こんな事態になったのか。 実は会社側は小野氏から株主としての質問状を事前に受けていたのだ。 「一身上の都合」を繰り返す会社側に対して小野氏は「事実上の解任で、単なる辞任ではない」と開き直ったのだ。 黒川社長の株主への真相公表はそうした経緯があったのだ。 関係者は同社のドロドロした根深い内紛体質を指摘する。 「富士通は財団スキャンダルが炸裂することを恐れたんです。総会直前に古巣の富士通に質問状を叩きつけた小野氏の本当の狙いはなにか。仰天するような隠し玉でももっているのか。その辺りが、今後の関心事です」(経済誌記者) 3月27日にトップ人事を発表したが、黒川社長は相談役に退き、後任には野副州旦・上席執行役常務(60)が就き、会長には間塚道義副社長(64)が就任し、秋草直之会長(69)は取締役相談役という布陣だ。株主総会後の役員会で承認された。 当初は、黒川氏の会長説もあったが、取締役からもはずれ一介の相談役に退いたことが社内外であれこれと取り沙汰されているという。 1部の週刊誌は「富士通の内紛勃発」と報じている。



  • ..

-->
万株
主要
株主
HAITONG INTERNATIONAL SECURITIES COMPANY LIMITED 700700164
(9%)
2017/09/30
株式会社レノ122
(6.7%)
2017/09/30
CLEARSTREAM BANKING S.A100
(5.5%)
2017/09/30
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 67
(3.6%)
2017/09/30
BNP PARIBAS SECURITIES SERVICES SINGAPORE/JASDEC/UOB KH P/L AC UOB HK 60
(3.3%)
2017/09/30
*2016/06/08 出来高70万株の大商い。
初動。普段の出来高は5~6万株。

大幅高。プログラム可能な半導体「FPGA」の関連銘柄として、日本ラッド4736などとともに物色された.










*日本ラッド4736*2016/06/08
日本ラッドは短期間で4倍になっており、今日一時S高付けて始値を下回るダレ方をしている。日中振幅は20%もある。∴終わりだろう。
2016/06/13
終わっていなかった。日経529円安の中逆行のS高。1,720円。
.....        .............. ...........





*











         **
*
................................ ............  ....... 



.........................................
. ..............................................
♮ 
*
2018/03/13
気がつけばいつの間にか3倍になっている。1,300円。
2016/06/15
B.T.P (BuyingTagetPoint)435円に達したが買えず。3つの移動平均線交差点で反発。期待を持たせる。
2016/06/09
昨日の急騰で気がついて、今日の寄り付きで買ったとすれば、買った瞬間から大幅高でいい気分(買ってはいません)。
と思いきや、13:42時点ではダレて始値を下回ってきた。
日中振幅が12.8%もあった中で陰線長ひげをつければ先行き調整余儀なし。
 と、なかなかとりつきにく銘柄だ。小型品薄株は値持ちが悪いくせに、雲の彼方まで飛んでいきそうな妖しい魅力もある。初動だし。

*
















+




・2016/06/26

イギリスのEU離脱で世界同時株安であるが、どういうことか、半導体黴指数は年初来高値をさらに更新してきた。

・2016/06/08

米半導体指数が年初来高値更新中

*













ppppppppppppppppppp