ページビューの合計

ドイツ銀行がいよいよやばい

ドイツ銀行の住宅ローン担保証券の不正販売を巡る制裁金や不良債権への懸念から、複数のヘッジファンドなどが取引を停止した

ドイツ銀行の株価が1桁ユーロになれば危機リスク最大。
ドイツ銀行発の世界的金融危機はリーマンショックどころではない。ガンドラック







イツ銀行

DBK:GR更新日時 4:59 JST 2016/09/30
10.25EUR 
 
0.69 6.31%
 
ドイツ銀行が危ない。連鎖的に起こる金融危機に対して、クレディスイス、イタリアのウニクレディトも異なる国の銀行だが、統制がきかなくなりつつあるEUが救済できるか。


更新

............................................................
  • 2016/09/29 20:14:19
  • トレンド




                   N225レバレッジ     
........................................................................*

更新 タケウチ製作所

2016/09/29
中間公表を受け急騰。
先に、8月末までにリバ・・・続き

更新

............................................................
  • 2016/09/29 07:43:21
  • トレンド
........................................................................*.
.............................................................................................
  •                     

更新

4112
 保土ヶ谷 
.......relative....left:100px............................
.株価が10倍になった!
一夜にして株価が10倍に、株数は・・・





更新

............................................................
  • 2016/09/24 10:40:25
  • トレンド
........................................................................*.

.............................................................................................


日銀政策決定会合 2016/09/21




*2016/09/21 13:38
日銀政策決定会合場中の反応

上=N225、下=ドル/円

マイナス金利の深掘りはやらず。

禁じ手の「日銀による株式買い入れによる深掘り」を強めることとなった。

*上場投資信託(ETF)の買い入れについて、年間買い入れ額のうち、3兆円は従来どおり3つの指数に連動するETFを対象にする。2.7兆円については、TOPIX連動ETFを対象とする。

*銀行株が急騰中。

三菱UFJ、みずほ、三井住友 が大幅高となっている。日銀はきょうまで開いた金融政策決定会合で、金融政策の枠組み変更を決定した一方、マイナス金利幅を0.1%に維持した。またETF(上場投信)の買い入れ方式を変更し、年間買い入れ額のうち、2.7兆円はTOPIX連動型を対象とすることを決めた。マイナス金利の深掘りへの懸念が後退し、需給面でのインパクトを期待した買いが入っている。 



.............................................................................................
  • 9月21日日銀は金融政策の枠組み変更を決定。マネタリーベース目標撤回し、長短金利操作を行うイールドカーブ・コントロールを導入する。

....市場の声
「日銀決定会合の結果を受けて、ドル/円は102円半ばまで買い進まれた。具体的に短期筋が何をはやしてここまでドル/円を買い上げたのか不明だが、タイミング的には、今回は追加緩和を見送る一方で、一拍ためて、今後の追加緩和に期待を残したことが奏功し、ドル買い/円売りになったのかもしれない。 」     きょう米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを見送ったと仮定して、今後しばらくのドル/円のレンジは100.50―103.50円とみている。103円台はかなり上値が重い印象だ。.........................................................































ローム更新

 ローム6963   
  • 2016/09/21............................................................
    反落。9/5の5,250円を抜けず5,220円で打ち返された。
    今度は9/12の4,795円が・・・続き
......................................................

更新


............................................................
  • トレンド


                   N225レバレッジ     



......................................................

水戸証券8622

*
委託売買代金の推移(日次);カネツFX証券の事例


委託売買代金の推移(月次);松井の事例
01月02月03月04月05月06月07月08月09月10月11月12月
2018年6941
2017年0000230015*10*3
2016年371101200145
2015年021121582222
2014年221000001140
2013年00012186000001
2012年00







































*履歴_________
2018/03/29410ヤリ 終了
2018/03/08407カイ
2018/03/02432ヤリ
2018/03/02431ヤリ
2018/03/01444ヤリ
2018/01/22449カイ
2018/01/22450カイ
2018/01/15459カイ
2017/12/28419ヤリ
2017/11/17394カイ
2017/11/09412カイ
2017/11/07390カイ
2017/11/07392カイ
2017/11/07394カイ
2017/11/06394カイ
2017/10/27395カイ
2017/10/27397カイ
2017/10/26393カイ
2017/10/25394カイ

..













2017/10/26


受入手数料とトレーディング損益主軸の市況産業。
*
N225相場乗り遅れのリカバリー銘柄。

2017/05/12
自社株取得)取得期間 平成 29 年 5 月 15 日~平成 30 年 2 月 28 日
*
取得株数=100万株。

【配当方針
配当性向 30%以上
*
取今期予定7円➔+6円増配=13円の可能性あり。

*
高利回り=株価400円でも3.2%
*18/02/22 サプライズ
*+13円増配で20配と四季報オンライン(中間5円実施済)。
*利回り=株価600円でも3.3%。



 【自社株買い等】


2017/05/12
自社株買い株数
100万株




 期間
20170515~
’180228

2018/02/20
株式消却
500万株
(6.6%)
 
 
 



2017/09/06
 委託売買代金の推移(月次);
 松井の事例
東証1部売買代金


【大株主】

2017/09/15

 野村総研
556 (7.3%)




 自社
456 (6.0)'14/09  50万株消却実績
 東洋証券
291 (3.8)水戸証券も東洋を309(3.5)保有
赤=水戸青=東洋


東洋証券8614

日経平均レバレッジ1570

日本取引所8697

大和証券8601

赤=水戸青=日本取引所
緑=大和
チャート画像












....................................

日足3ヶ月

PBR=0.7(BPS538円)


消却
18/02/20を持って500万株(6.6%)の株式消却を実施


増配
 9月19日大引け後(16:00)に配当修正を発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当を5円(前年同期は2円)実施する






MACD* * 18/02/23

底孕み* * 18/02/15



18/01/15;
MACD紫線が3ポイント辺
りからシグナル緑線を切り
上げた。
少なくとも18ポイン
トあたりには行きそう。

過去数年来の大商い104万株
で終値 462円 +26 ( +6.0%








日足9ヶ月


週足5年

月足10年

月足20年





 
****************************************




*

-【業績予想とコンセンサス】       百万円
2018/03
売上

営業益

経常益

純益
 コメント
 速報値 
16,152
2,955
3,347
2,584-
18/04/17
直近の予想を下回った。株は売られた


2018/03

売上

営業益

経常益

純益
会社計画
-
-
-
実績
のみ➡
予想;兜
16,0003,1003,6002,700
18/01/24
四季修正
16,2003,3003,7002,800
1株益39円
配当20円
18/02/21
コンセ四季
15,2002,4002,8001,900
17/12/15

【類似の過去;配当の検証】
2015

売上

営業益

経常益

純益
配当
配当政策
配当性向
30%
15,192
2,988
3,323
2,485
16.5
1株益
=34円
剰余金
140億円(2015年)
➡157億円(2017年)

3Q単独期間の収益はものすごい。3Q累計は四季報通期予想をオーバーした。


18年度
売上

営業益

経常益

純益

 





 
 
3Q
457412861444127518/01/19公表の速報値
2Q
3829529555366
1Q
3928767932632


アベノミクス初期覚え(2013)
►’13/03/22水戸、東洋すべて売却。
►’13/03/21東洋、水戸、利食い。バイオに資金仕向け。
►'13/03/19小型の証券株の躍進が目立つ。►2013/03/15
水戸証券、年間配当予想(期末一括)を12円にすると発表した。前期比9.5円増。
►2013/01/18
水戸証券8622.T;が後場上げ幅を拡大。一時23円高の250円まで買われている。18日前場引け後に13年3月期第3四半期(12年4-12月)単体決算速報値を発表。最終損益は6億4100万円の黒字(前年同期は7億1300万円の赤字)となった。第3四半期決算は今月30日に発表する予定。

◉2018/03/16
今期配当を20円(前期7円)とすると発表。中間配5円配済なので下期15円となる。既に周知な内容なので反応薄いと思う。


◉2017/11/07
10月、11月と売買代金3兆円超え日続く。225活況に比べ証券株鈍い。買い増し。イザナギ超えの景気拡大中でありBPS538円まで買える。現在400円程度。


◉2017/10/16
トランプ相場時の高値380円につらあわせ。


◉2017/07/28
水戸証券 が7月28日後場(13:20)に決算を発表。18年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比4.3倍の9.3億円に急拡大した。