ページビューの合計

にわかにトランプリスクが相場を動かし始めた




x...................................................
.SNS支持率赤がトランプ
  • ▲.......................................................
    .週末の世論調査などで情勢がさらに変化する可能性もあり、市場も不安定。ただ、現状のファンダメンタルズは悪くない。トランプ氏が当選しても日経平均の目先の下値は1万6400円程度だろう。逆にクリントン氏勝利なら直近2営業日の下げ分を取り戻し、さらに上値を試す展開が予想される。』 2016/11/04
    .......relative....left:550px........................
    ........................................................................
    ve.ということでここ2日の下げで織り込んできたトランプリスク。そして、さらにその事自体をお折り込みつつあるという認識。大統領選後は高いと考える向きが増えています。既に先取り行動を始めているので、案外大統領選後は相場ネタ的には終わったと考えます。選挙後急騰急落があれば売りであれ買いであれ投資機会があります。
..

......relative....left:5px............................
. トランプは
New保護主義
で反故主義者。
これが新アメリカ。
    • 2016/11/03..................................................................................
      ・今回の米大統領選では出来損ないの候補者に自分たちの不満を解消してもらおうという一大ムーブメントが起きているのかもしれない。変化のない候補者は現状維持に繋がらないので、そうでない候補者,changeの候補者トランプが勝つ公算が強くなってきた。



  •  

    ..


    ......relative....left:5px............................
    . クリントンは同性からも嫌われる『ツンとした女」『鬼婆」『信用できない女」





      • 2016/11/02..................................................................................
        ・ 市場では、「これだけ国を2分して騒ぎになったあとで、たとえクリントン候補が大統領になったからと言って、直ちにリスクセンチメントが改善して、また株を買おうという雰囲気にはならないだろう」
        ・前日の米国株市場では、ダウ平均が100ドル以上値下がりしたほか、S&P500は約4カ月ぶりの安値をつけた。S&P500は、過去4カ月間のレンジの下限となっていた2120などいくつかの重要な節目を相次いで割り込んで下げが加速した。
        ・VIXは約2カ月ぶりの高水準となる20.43に達した。
        ・トランプ候補の支持率は46%、クリントン候補の支持率は45%でわずかながらトランプ氏が上回った。

        ・共和党のトランプ氏が勝利すれば、米国の外交政策や通商協定、米金融政策の見通しが変わる可能性があり、市場では警戒感が高まっている。*1)

         一方、クリントン氏が勝利したとしても、長期にわたると予想されるメール問題の捜査が国政や対外政策に及ぼす影響が不安視されている。 *2)
         米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏への支持を表明している著名投資家ピーター・ティール氏は31日、トランプ氏がたとえ本選で敗北したとしても、トランプ氏が作り出した運動は続くと主張した。
      .........................................................................................................................................................................

    .......relative....left:550.
    .2016/11/05トランプ大統領誕生(?)の可能性にマーケットは身構えている。11/3 の VIX 指数は 22.08%と、Brexit ショック直後の 6/27(高値 26.72、引け値 22.93)以来の高水準となった。もっとも 6 月の Brexit はまさに想定外のブラックスワンであった。当時と今回の違いは、トランプ大統領誕

    生が「あり得るシナリオ」としてマーケットが事前に織り込み始めている点であろう』 
    px......................



    ......relative....left:5px............................
    . 2日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米大統領選の先行き不透明感から株価が下げ幅を拡大し、リスクオフの強まりで1ドル=103円台後半に続落している。正午現在は103円70~71銭と前日(午後5時、104円92~93銭)比1円22銭の大幅ドル安・円高。









    【他国はこう観ている】
    *1)トランプの今の専門は外交ではなく,中傷。その昔彼が若かりし頃、成功したプロセス、考え方の自伝の書を好意的に読んだものだ。清潔でハンサムでアメリカンドリームを表象したものだ。
    *2)
    米国女性大統領誕生での政治リスク。韓国で女性大統領の公私混同の不法疑獄。米国大統領選挙直前に韓国でその予行演習が始まっている。クリントンが当選すれば韓国と同様の政治リスクをはらむことに。

    ............



















    ..relative..............................................................................................................................

    .【】
    •  米大統領選は8日に投票日を控え、にわかに接戦の様相を呈してきた。共和党のトランプ候補が勝利して米株式市場が混乱に陥る可能性に備え、トレーダーはあわててヘッジ取引を増やしている。 
    •     先週まで、大半の世論調査では民主党のヒラリー・クリントン候補がトランプ候補に支持率で水を開けていた。先月実施したロイター調査では、クリントン候補が勝利した方がトランプ候補勝利の場合よりも米国の株価に有利に働くとの見方が大勢を占めている。 
    •     しかし米連邦捜査局(FBI)がクリントン氏の私用メール問題について捜査再開を発表したのをきっかけに情勢が一変。両候補の支持率が再び拮抗し、株式市場に動揺が広がっている。 
    •     今週に入り、株価が急変動した場合に利益を上げようと、市場の不安心理を示すCBOEボラティリティ指数(VIX指数)<.VIX>のコールオプションなどの建玉が増加し始めた。調査会社トレード・アラートによると、1日時点でVIXのコール(買う権利)の建玉はプット(売る権利)の3.5倍で、約半年で最も大きく差が開いた。 
    •     今月が期日の約定ではさらに差が大きく、コールがプットの4倍以上に達している。 
    •      
    •     VIX指数は長期平均の20を超え、7週ぶりの高水準をつけた。 
    •     チャールズ・シュワブのマネジングディレクター、ランディー・フレデリック氏は「VIX指数は6日連続で上昇した。つまり市場参加者はS&P総合500種株価指数<.SPX>のオプション価格を引き上げているということだ」と話した。 
    •     フレデリック氏はまた、VIXに加え、S&P500種指数に連動するETF(上場投資信託)であるSPYのオプションの出来高が膨らんでいることも、ヘッジ需要増加の兆しだと指摘した。 
    •     トレード・アラートによると、1日にはSPYオプションの出来高が1日平均の1.5倍に当たる380万枚に急増した。 
    •     中でも選挙日に近い期日のオプションが人気を集めている。トレード・アラートによると、SPYオプションでは投票翌日の9日に期日を迎える約定のインプライド・ボラティリティが22.2%と、全期日の中で最も高くなっている。この数値はS&P指数が急変動するリスクを反映するものだ。 
    •     権利行使した場合に利益がゼロとなる「アット・ザ・マネー」のプットオプションと、同種のコールオプションを同時に買う「ストラドル」のコストを見ると、株価が9日までに上下いずれかの方向に約2.4%変動する可能性が織り込まれている。 
    •     ヘッジ取引が著しく活発化したのはここ1週間。ほんの最近まで、大統領選結果によって株価が乱高下する可能性にトレーダーが真剣に備えている様子はうかがえなかった。    
 
米大統領選にわかに緊迫化、株のヘッジ取引が急増