ページビューの合計

大平洋金属5541


◉2017/02/17
7%以上の急騰。経常利益予想コンセンサスが、前週値の-3,400百万円から48%上昇し、-1,768百万円となった。会社予想値-1,580百万円と比較すると、現在のコンセンサス予想はまだ弱気の見方となっている。
ニッケル相場は5㌦を回復。2017/02/17 欧州系大手、レーティング強気。目標株価450円。
◉2017/02/10
本日の決算発表で3Q単独期間は完全黒転している。にも関わらず、4Q期間を計算すると増収だが再び赤字転落となる。計算上そうなるが上方修正必至

.......売上高営業益経常益純益 
3Q累計  
27042
▲1457256▲4232/10
通期予想
38214
▲3624▲1580▲23802/3
4Q単独
11172
▲2167▲1836▲1957
 
一方、2/3時点での下期予想~4Q単独を計算すると、営業利益も赤字転落だが数値に不整合がある。
売上高営業益経常益純益 
3Q単独実績9454947188517202/10
下期予想20626▲122049▲2372/3
4Q単独
11172
▲273▲1836▲1957
下期適用為替
106円
適用
LME
4.9
2/10時
点LME
4.7㌦
為替
=113円
価格等においては、主原料であるニッケル鉱石価格は高水準ながらも比較的落ち着いた価格帯が予想され、また、当社フェロニッケル製品の販売価格形成の指標となる当社適用LMEニッケル価格及び当社適用平均為替レートは前回発表予想参考値を上回る水準が見込まれ、業績に好影響を与えるものと見込んでおります。
*
会社の決算文言からいけば極めて明るい展望が開けている。本決算までに再増額修正がある。または、フェイクな上方修正として下方修正があることも。
◉2017/02/06
比ニッケル鉱山閉鎖、日本勢、鉱石調達に影響なし(web産業新聞)
*
フィリピンの環境天然資源省が2日、国内のニッケル鉱山の半数以上に閉鎖を命じたが、大平洋金属、住友金属鉱山の原料調達への影響は、数量面に限ると目先なさそうだ。両社とつながりの深いタガニート鉱山やリオツバ鉱山が環境監査をクリアしており、操業停止の対象になっていない。ただ、鉱石需給が今後もしタイト化すれば、原料コストの上昇に見舞われる可能性はある。
◉2017/02/03
大平金、今期経常を赤字縮小に上方修正。下方「上方修正資料参照」
*
従来予想の33.7億円の赤字→15.8億円の赤字に上方修正。市場のコンセンサス予想34億円の赤字も上回った。ので,週明けも続急伸を予想。
【会社説明】連結業績予想について、当社フェロニッケル製品の販売数量は、堅調な需要に支えられ、計画通りを見込んでおります。また、フェロニッケル製品の主原料であるニッケル鉱石の調達に関しては、主要調達先のフィリピンにおける鉱業の環境規制厳格化により、一定の環境・福利基準を満たさない一部の鉱山は操業停止等を受けており、先行きに不透明感は残すものの、生産・販売体制に対応した調達が可能と見込んでおります。 価格等においては、主原料であるニッケル鉱石価格は高水準ながらも比較的落ち着いた価格帯が予想され、また、当社フェロニッケル製品の販売価格形成の指標となる当社適用LMEニッケル価格及び当社適用平均為替レートは前回発表予想参考値を上回る水準が見込まれ、業績に好影響を与えるものと見込んでおります。

◉2017/02/02
フィリピン、21の鉱山を閉鎖。閉鎖するニッケル鉱山の生産量はフィリピン年間生産量47万トンの半分22万トン。世界シェアの11%と影響が大きい。



  •  
  • 2017/07/25
    フィリピンのドゥテルテ大統領は24日の一般教書演説で、鉱石の輸出を止め、国内で精製させる意向を示す。事業者や投資家に対し、国内に工場を設置して最終製品になるまで処理するよう主張。フィリピンは世界最大のニッケル鉱石の輸出国
  • 2017/03/09
    フィリッピン,、未加工金属鉱石輸出禁止を政府が検討。先に、インドネシアが同じ政策を取り、その後輸出を認めたがニッケル価格下落で大きな影響が出た。大平洋金属の精錬所は何処にあるか調査要。
    なお、28鉱山閉鎖に関して調査結論は6月ころになる。
  • 2017/02/20
    フィリッピンの鉱山閉鎖に不確実性
    ・鉱山相ロベス(女性)の任命、議会承認反対の動き。
    ・2017年のフィリッピン生産額半減も。
    ドゥテルテ大統領、鉱山相鉱山閉鎖命令を保留に。(まだ鉱山相が任命議会承認されていないのに)
    「ロベスを批判しないが彼女の決定は見直す。閉山鉱山に対する行政救済手段も」
  • 2016/12/14
    大平洋金属 大平洋金属の今期はニッケル価格反発とドル高で会社計画より赤字縮小へ
  • 新日鐵住金系のステンレス原料精錬大手である太平洋金属の今2017年3月期は、11月以降の国際ニッケル価格の上昇やドル高円安により、会社計画よりも赤字幅が縮小する可能性
  • 会社計画では、今通期の営業損益は50億円強の赤字。上期が24億円赤字で、下期も 26億円程度の赤字を見込んでいる。同社が製造するステンレス原料のフェロニッケルの 販売価格はロンドン金属取引所(LME)におけるニッケル価格に連動するが、今下期の 会社計画の前提はニッケル1ポンド当たり4.69ドルで、1ドル=104.22円(通 期では4.43ドル、105.70円前提)。これに対し、11月以降のニッケル価格は 5~5.2ドル程度で推移しており、為替は1ドル=110円を大きく超えるドル高円安 水準に達している。このまま行くと販売価格は想定を大きく上回り、原料鉱石価格とのマ ージンの改善が見込まれる。ニッケル価格は歴史的にはなお低水準であり、下期の黒字化 は難しいと見られるが、赤字が大きく減る公算は高まっている。 なお、原料鉱石の主要調達先(約8割)であるフィリピンにおける鉱業の環境規制厳格 化で一部鉱山が操業停止に追い込まれているが、会社側によると今のところ調達面では特 に問題はないとしている。ただ、現在約2割のニューカレドニア産鉱石の調達比率を高め る方向にあるほか、今年9月にはグアテマラから鉱石のテスト輸入を行うなど、調達先の 多様化にも取り組んでいる。

大平洋金属5541
5年株価
























-LMEニッケル価格


ニッケル

*【ニッケル在庫】
・2017/03/17時点の在庫は38.5万トン
・2016は10月まで在庫減っていたがじんわり増えてきた。連れて価格も横這い圏。

 

 
 











 
 
*****


2017/02/03 上方修正添付資料



ニッケルはメッキ加工用に使われています。石油パイプラインの腐食を防ぐために使用されている。
世界各国でパイプラインの敷設計画が増えて、これから需要が伸びると見られている。
フィリピンのニッケル鉱山世界シェア=22%
地金生産への影響顕在化
***********************************


P