ページビューの合計

カブはアルカリ食品にヒントあり----株の塩漬けはいただけませんが,赤蕪の甘黒酢漬けはとっても美味



.
..........................................................................
#高血圧と痛風対策として、黒酢とはちみつと昆布に赤株としょうがのスライスを漬け込んで常食しています。塩分は一切入っていません。食事のお供、ちょっと一杯のつまみにとても美味しいです。
副産物として発生する余分な漬け汁は毎朝のサラダのドレッシングにぴったりです。これにすりごまをふりかけてもいけます。正確にはすりごまをたっぷり掛けて、ドレッシングをかけるということです。塩分なしでもとっても美味しいです。毎日食べても飽きず、むしろ食べないと、体調不良が気になるくらいです。

朝食献立はほとんど100%アルカリ食品ですね。
..........................................................................
 一般的に体をアルカリ性に保つことが健康法の一つだと言われています。
おおまかに分類すると、酸性食品には豚、牛、鶏等の肉類や魚類、卵や砂糖、穀類があり、アルカリ性食品にはホウレン草、ゴボウ、サツマイモ、ニンジン、里芋等の野菜類や果物類、あるいはヒジキやワカメ、昆布等の海藻類、そしてキノコや大豆などが挙げられます。
 よくないのは好きなものばかり食べるといった偏った食生活。バランスのとれた食生活を送るということが大事。アルカリ性食品にはビタミンやミネラルが豊富に含まれている。

・ハチミツは酸性食品なのでしょうか?それともアルカリ性食品なのでしょうか?
ハチミツ自体はPH3.2~4.9といいますから酸性。
ところがハチミツは体内に入ると、アルカリ性に変わるという性質を持っている。
しくみは、ハチミツにはカルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのアルカリ性を示すミネラルが豊富で、加えて、リンゴ酸、クエン酸、蟻酸、コハク酸、グルコン酸などの含有有機酸は、体液をアルカリ性に変える性質を持っているからなのです。

・酢などもその代表的な食品で、それ自体は強い酸性ですが、体内に入って消化されると、最終的にアルカリ性のカリウムやマグネシウムなどのミネラルになるのだそうです。
# 株の塩漬けはいただけませんが,赤蕪の甘黒酢漬けはとっても美味です。