ページビューの合計

赤カブ健康法

 赤蕪の健康効果
.
  •  .✤
  • 2015/11/27
  •  
  • アントシアニン
  • 赤カブに多く含まれている色素であるアントシアニン。アントシアニンのお陰で赤カブは鮮やかな紅色のボディーをしています。アントシアニンには活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、動脈硬化の予防に効果があるとされています。
  • アミラーゼ
  • 人間が食品から栄養を吸収するためには、消化の過程が必要不可欠です。しかし体調によっては、食べ物を消化する力が弱っていることもあります。そのような時、カブに含まれているアミラーゼが助けになってくれます。アミラーゼは消化酵素の一つであり、でんぷんの消化を支援する作用を持っています。そのため、胃がもたれていたり胸焼けを感じる際に、アミラーゼは胃腸の働きを助けてくれるのです。
  • ベータカロテン
  • カブというと、一般的に根の部分を多く使います。しかし、この食材の健康にいい栄養素は、葉の方にも多く含まれています。葉は緑色をしていて、緑黄色野菜に特有のベータカロテンを多く含んでいます。ベータカロテンは、美しい肌や髪の維持に関連するとみられています。ベータカロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚の粘膜形成や角質の構築に作用します。美容面での貢献度が大きい栄養素と言えますね。
  • ビタミンC
  • カブは、ビタミンCを多く含む食品の一つです。ビタミンCは、疲労回復のほか、病気の予防に効果があるとされています。それは、体内で発生する活性酸素から、ビタミンCが細胞を守ってくれるためです。またビタミンCは、コラーゲンの生成にも関与していると見られていて、若くて美しい肌の生成にとって重要なものなのです。
  •  ..............................................................................................................

.


.

.........................................................................................................
●かぶに含まれる成分と性質
かぶにはビタミンCやカリウム、食物繊維、でんぷんを分解する消化酵素であるアミラーゼが豊富に含まれています。かぶの94%は水分で、栄養価は大根とほぼ同じです。かぶの葉も栄養価が高く、ビタミンB₂やビタミンC、葉酸、β-カロテン、カルシウム、鉄、食物繊維が豊富に含まれています。β-カロテンは、体内で必要な量だけビタミンAに変換され、ビタミンAとして働きます。ビタミンAは脂溶性のビタミンであるため、その性質上、過剰摂取に注意が必要な成分とされていますが、β-カロテンは体内で必要な量しかビタミンAに変換されないため、過剰摂取の心配がありません。

かぶに含まれるビタミンCやβ-カロテンは、強い抗酸化力を持つことで有名です。抗酸化力とは、紫外線や喫煙、ストレスなど生活の様々な場面で発生する活性酸素を除去し、体が酸化することを防ぐ働きのことです。人間の体内に活性酸素が過剰に発生し酸化が起こると、病気や老化、肌トラブルが引き起こされます。かぶに含まれる抗酸化物質が体内で強い抗酸化力を発揮して酸化から体を守ることで、病気や老化、肌トラブルを予防することができます。

かぶの葉に含まれる葉酸は「造血のビタミン」とも呼ばれ、造血や細胞の生まれ変わると考えられています。
.*






............................................................................................

かぶの健康効果
◎胃腸を健康に保つ効果
◎生活習慣病を予防する効果
◎感染症を予防・改善する効果
◎貧血を予防する効果
◎むくみを予防・改善する効果
◎便秘や下痢を解消する効果

赤カブはアントシアニンという色素が多く含まれており、白カブと比べると抗酸化作用があり、動脈硬化の予防に効果があるとされています。

根の部分には、でんぷん中のアミロースやアミロペクチンをブドウ糖やオリゴ糖に分解するアミラーゼ(ジアスターゼ)が含まれており、胸やけを解消したり消化を助ける効果があるとされます。

また葉も栄養豊富で、体内でビタミンAに変換されるβカロテンをたくさん含んでいるほか、ビタミンCも多く摂取できます。葉を食べずに捨てるのはもったいないですね。




.....................................................................................................................................................
赤蕪はスライサーでスライスし昆布だしに黒酢とはちみつで漬物にしたらとっても良いです。生姜も入れるともっとうまい。しかも、生姜の効果で体がぽかぽかする。





天気予報













p